教習車に高級外車は必要か?

私は、今は運転免許を失効していますが、以前は運転免許を所持していました。私の大学時代に、ある自動車教習所が話題になっていました。その自動車教習所は、あるJRの駅近くにあり、ベンツの教習車を使って教習が受けられるというのが、ウリでした。その教習所の車は、私の通っていた大学の前の道路や私の住んでいた辺りの道路を走っていたのですが、やはりベンツの教習車は目立つもので、私は何時見ても、「凄いな」と思っていました。その自動車教習所の存在を知って数か月後に、私は実家の最寄りの自動車教習所に通うことにしました。他の地方にある様な合宿教習ではなく、日中に行う教習でしたが、第1段階から実車に乗っての教習でした。教習車は、AT車、マニュアル車共、いすゞ自動車のアスカで、白一色でした。地味な教習車の様でしたが、私は毎日通い続けて、約1か月で教習を終えて、運転免許を取得しました。現在、その自動車教習所は、教習車は他社の自動車を使用していますが、当時の状況でも、アスカは周囲を見ても走っているところを見る機会が少なかったので、目立つ存在だったと思います。ですが、他の受講者の中には、ある自動車教習所でベンツが使われていることを引き合いに出して、「あの位の教習車だったらいいのに」と言っている者もいました。その後、私は、大学を卒業後に広島に住んでいましたが、広島市内にある2つの自動車教習所で、教習にBMWを使用して行うことにした、教習所が登場したという話題をテレビの情報番組で観て、「こちらは、BMWか・・・」と思いました。ボディーカラーは其々、赤と白で、市街地で見てもかなり目立つものでした。増して、そのうちの1カ所の教習所は郊外にある教習所でしたので、尚更でした。しかし、この当時は、平成大不況のさなかで、先に挙げたベンツの教習車の自動車教習所は、バブル期に送迎車にリムジンを使っていた時期もあったものの長続きせず、教習車も国産車の大衆車に代わっているのをサイト上で見て、バブリーなものだったのか?と思いました。そしてその後、その自動車教習所は倒産しました。私の卒業した大学の先生も通っていたことのある、その自動車教習所の跡地は現在では転用されており、栄枯盛衰世の倣いといった感が否めませんでした。やはり、教習車の様なものにお金を掛け過ぎるのは、組織の体力に影響するので難しいと思わされた出来事でした。

ホンダのハイブリッドカーと海外展開

ホンダのハイブリッドカーはフィットやヴェゼルなどに搭載されているものはヨーロッパやアメリカでは販売されていないのですが、2017年のフランクフルトモーターショーで今後ヨーロッパで販売する車のすべてにハイブリッドを設定するという発表がありました。ヨーロッパでは現在NSXしかハイブリッドがなく、今後発売することが発表されているのはCR-Vのハイブリッドとなっています。ヨーロッパで販売されているその他の車はヴェゼル(ヨーロッパではHR-V)、シビックシリーズ、フィット、NSXとアコードやオデッセイに相当する車はなく比較的車種が少なく、ヴェゼルとフィットはすでに日本にハイブリッドが設定されているので、全車種にハイブリッドを設定するのはそれほど難しいことではなさそうです。シビックシリーズはハイブリッドが以前は設定されていたものが廃止されていたという独特の立ち位置ですが、今後シビックハイブリッドの復活の可能性が出てきたところが興味深いです。
ヨーロッパ圏以外、アジア圏ではモビリオ、BR-Vなどの独自の車が販売されていますが、こちらにもハイブリッドが設定される可能性もありえるかもしれません。一方、日本での今後のハイブリッドカーの展開は明言はされていませんが、2017年現在ハイブリッドの設定がないのは軽自動車とシビックシリーズだけとなっており、シビックにはハイブリッド搭載の可能性が出ているため、軽自動車にハイブリッドが搭載できれば全車種ハイブリッドということも不可能ではないようです。

運転していて思うこと

私は交通が不便なところ、つまり田舎に住んでいるので車は必須です。
実際のところ、車は一人一台必要な状態です。なので、当然運転も毎日しています。
私の周りには「移動手段だから仕方なく運転しているけど、本当はできるだけ運転したくない」という運転嫌いな人も多々います。
その気持ちもわからないでもないですが、私は運転は好きですね。何というか、車の中のプライベートな空間がすごく好きなのです。
それに、頭・目・耳・手・足と全身を使うので、健康維持に役立つというかボケ防止にもよさそうだな~(まだボケる年齢ではないですが)なんて思っています。
でも、運転をしていて思うのは、ハンドルを握ると性格が変わってしまう人がいるなぁ~ということです。
まぁこのことは世間一般でもよく言われていることですが、普段は大人しいのにハンドルを握ると急に怒りっぽくなったり他のドライバーに悪態をつく…なんていう人、結構見るんですよね(笑)。そういう人に遭遇すると、これがこの人の本性なのかな…なんて思ってしまいます。
逆に、他の車によく道を譲る人はかなり好感度が高いですね!スマートな印象です。
私もほかの車に出来るだけ譲ろうとは思っているんですが、うまく譲れずにその車の前をふさいでしまったときなどは「あちゃ~」と思ってしまいます。
いずれにしても、安全運転をするには常に時間に余裕を持って出かけて、ゆったりと運転することが一番だなと思っています。
今後も安全運転、かつ気持ちの良い運転を続けていきたいなーと思います!

わからない場所へ車で運転していく時

カーナビは車を運転する時の心強い味方です。
特に遠出をする時や道がわからない時は、カーナビがあるとかなり助かります。

しかし、それでも目的地周辺に来ると、案内が終わってしまいます。
そのため、目的の建物がわからずに、うろうろしてしまうこともあります。

看板などが出ていれば、近くに来れば分かりますが、特に個人宅などは分かりにくい場合もあります。
また、道路も一方通行の場合もあるので注意が必要です。

私は以前、不動産屋に勤務していて、お客様に物件案内をしていました。
車で移動することがほとんどだったので、地図が頼りで、それを見ながら運転することが多くありました。

その当時、車にはカーナビが付いていなかったので、不便に思ったこともありました。
しかし、案内する建物は賃貸住宅がほとんどだったので、住宅街にあることが多く、住宅地図の方が便利だったと思います。

事前に物件案内の予約があれば良いですが、時には今すぐ行かなければいけないこともありました。
そのような中、わからない場所へ車で行くのは、時にはかなり大変でした。

お客様と待ち合わせをしていたり、時には同乗してもらって、案内場所まで行くこともありました。
そのような時は方向音痴の私にとっては、かなり大変でしたが、五感をフルに活用して、なるべく粗相のないように気をつけました。

おかげでかなりの町や道を覚えることができました。
出来ないことも、何度もやっていくうちになんとかできるようになるものです。

車の保有率の低下を考える

最近若者の車離れというニュースをよく耳にします。昔は成人したら車を買ってどんな車を持っているかがその人のステータスという雰囲気があったように思いますが、今はそんな感じではないのかもしれません。
私は30代後半ですが職場で20代の若い人の話を聞くと免許を持っていない人が結構多いのに驚きます。
私の世代では高校卒業したらまず免許を取得するのが当たり前でしたがこれも時代の流れなのかもしれません。
確かに交通インフラが発達している都市部では車はなくても生活するのに困ることはありません。都市部では駐車場代が高いし車の維持費が月に2?5万円かかることもあるので車を持たない選択をするのは自然の流れのように思います。
人口は都市部に集中して、都市部では車の維持費が高いので車の保有率が低くなるのは納得がいきます。
昔、私が地方都市に住んでいた時は車を保有していました。当時車を持ちたい気持ちもありましたが、車がないと生活ができないのでやむ得なくという理由もありました。
家から駅へ行くのは1時間に3本くらいのバスしかないところだったので車は生活必要アイテムです。
数年前に都市部に引っ越したタイミングで車を手放し、それ以降車を持っていませんが生活に車の必要性を感じることはあまりありません。
駅までいくバスは数分間隔に来るし、駅から乗る電車も同じくらいの頻度で来るので不便に感じることはありません。
最近の車事情を考えると、近い将来車を持たないのが当たり前の時代が来るのかもしれません。