ホンダのハイブリッドカーと海外展開

ホンダのハイブリッドカーはフィットやヴェゼルなどに搭載されているものはヨーロッパやアメリカでは販売されていないのですが、2017年のフランクフルトモーターショーで今後ヨーロッパで販売する車のすべてにハイブリッドを設定するという発表がありました。ヨーロッパでは現在NSXしかハイブリッドがなく、今後発売することが発表されているのはCR-Vのハイブリッドとなっています。ヨーロッパで販売されているその他の車はヴェゼル(ヨーロッパではHR-V)、シビックシリーズ、フィット、NSXとアコードやオデッセイに相当する車はなく比較的車種が少なく、ヴェゼルとフィットはすでに日本にハイブリッドが設定されているので、全車種にハイブリッドを設定するのはそれほど難しいことではなさそうです。シビックシリーズはハイブリッドが以前は設定されていたものが廃止されていたという独特の立ち位置ですが、今後シビックハイブリッドの復活の可能性が出てきたところが興味深いです。
ヨーロッパ圏以外、アジア圏ではモビリオ、BR-Vなどの独自の車が販売されていますが、こちらにもハイブリッドが設定される可能性もありえるかもしれません。一方、日本での今後のハイブリッドカーの展開は明言はされていませんが、2017年現在ハイブリッドの設定がないのは軽自動車とシビックシリーズだけとなっており、シビックにはハイブリッド搭載の可能性が出ているため、軽自動車にハイブリッドが搭載できれば全車種ハイブリッドということも不可能ではないようです。